戸建てを建てる敷地選び

住宅模型

選ぶ際確認すべきポイント

藤沢での戸建て建築で、まず最初にしなければならないのは、土地選びです。藤沢においての土地選びにあたっては、ポイントがいくつかあります。その一つが、土壌です。土壌はその土地の状態を大きく左右し、そこに建つ住宅の安全性などに影響します。そこで購入前に、丈夫な土地であるかを確認する必要があるでしょう。簡単に調べる方法として、藤沢エリアの古い地図の閲覧が挙げられます。候補となっている土地がどんな場所だったか、どんな用途で使われていたかを一目で把握できるからです。以前に湖沼だったり田んぼだったりした土地は、地盤が軟弱であることも考えられますので、より詳細な結果が得られる地盤調査を行うことをおすすめします。また、必要に応じて地盤改良工事を行うケースも藤沢では少なくありません。そして、土地の権利関係の詳細も確認しておくことが大切です。特に抵当に入っていたりする場合は、購入後差し押さえなどのリスクもつきまといます。しっかり情報収集して、こうした複雑な権利関係がある物件は避けましょう。さらに、土地に適用される法的規制も確認します。一定の道路に接していないと住宅が建てられない接道義務、その土地の使い道を指定する用途制限、建てられる建物の大きさや面積にかかわる容積率や建ぺい率などです。これらにより希望の住宅が建築可能かどうかが決まりますので、事前に基準の内容を調べ、その土地が基準に適合していることが必要です。